小倉百人一首(かるた)の文法、歌人、解説、歴史
小倉百人一首 歌順1-100 決まり字 相互リンク メール

 

和歌No. 42 小倉百人一首

上の句:
 下の句:
契りきな かたみに袖を しぼりつつ
 末の松山 浪越さじとは
上の句読み:
 下の句読み:
ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ
 すえのまつやま なみこさじとは
作者/歌人名: 清原元輔(きよはらのもとすけ)
別名: ()
決まり字: 上の句: ちぎりき
下の句: す

和歌の意味
約束したのだったね、おたがいに涙にぬれるそでをしぼりながら。末の松山を決して波がこえることがないように、二人の愛はかわらないのだと。

出展・時代背景・文法事項など
出展は『後拾遺集』恋4・770。初句切れ。倒置法。心変わりはしないと誓った約束を持ち出し、心変わりした女の不実を詰っている。


Copyright(c) アイ・コンピュータサービス