小倉百人一首(かるた)の文法、歌人、解説、歴史
小倉百人一首 歌順1-100 決まり字 相互リンク メール

 

和歌No. 16 小倉百人一首

上の句:
 下の句:
立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる
 まつとし聞かば 今帰り来む
上の句読み:
 下の句読み:
たちわかれ いなばのやまの みねにおうる
 まつとしきかば いまかえりこん
作者/歌人名: 中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)
別名: 在原行平(ありわらのゆきひら)
決まり字: 上の句: たち
下の句: まつと

和歌の意味
ここでお別れして因幡の国に行くが、あの因幡の山の峰に生えている松の名のように、あなたがわたしを待っていると聞いたなら、すぐに帰ってこよう。

出展・時代背景・文法事項など
出展は『古今集』365。「いなば(因幡・往なば)」「まつ(松・待つ)」の二つの掛詞はここでもっとも重要な技巧であり、別れを惜しむ心情を歌に込めながら因幡の国の情景をも喚起させている。


Copyright(c) アイ・コンピュータサービス